「水回り掃除のコツ!場所別にベストな洗剤と掃除の方法を徹底解説」

お役立ち情報

みなさん、こんにちは!

今日は、「水回り掃除のコツ!場所別にベストな洗剤と掃除の方法を徹底解説」という内容でお話させて頂きます。

水回りは毎日使うからこそ、他の箇所と比べてとても汚れやすいです。

しかし、なかなか頻繁に掃除をする気にもなれず、あっという間に落としにくい汚れまで進化してしまいますよね。

この記事では、水回りの場所別に掃除のコツや使う洗剤について解説していきます。

綺麗な水回りを手に入れたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

お風呂の汚れは重曹とクエン酸で落とす  

お風呂は毎日使う水回りですし、体を綺麗にするところなので清潔に保ちたいですよね。

しかし、1日の体の汚れを落とす場所ということもあり、水回りの中でも汚れやすい場所と言えるでしょう。

少し掃除をサボると、床がヌルヌルしてきたり、端の方には赤カビや黒カビがジワジワ出来たり…。

誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

この段階まで来ると洗剤を使ってもなかなか落ちにくくて、時間も労力もかかってしまうので大変ですが、実は汚れの種類さえ把握しておけば適切な洗剤を使って簡単に落とすことができます。

お風呂の汚れには、大きく酸性とアルカリ性に分けられ、内容は水垢、カビ、石けんカスがあります。酸性の汚れには重曹、アルカリ性の汚れにはクエン酸を使うのがいいです。

・カビ、水垢には重曹がベスト

重曹は粉状になっているので、お風呂掃除の際には少し水で溶かしてペースト状にしてから汚れの部分に塗り付けましょう。

ペースト状にした方が汚れにも密着して落としやすくなります。

重曹3に対して水を1加えると、うまく出来ますよ。

だいたい30分ほど放置するのがおすすめですが、ゴムパッキンなどの傷つきやすい素材には使用しないでください。

・水垢、石けんカスにはクエン酸がベスト

クエン酸は、水に溶かしてから使いましょう。

小さじ1杯のクエン酸に対して約200mlの水で溶かします。

スプレー容器に入れると使いやすいですよ。

他に、用意するものはキッチンペーパーとスポンジ。

使い方は、汚れている箇所にキッチンペーパーを置いてそこにクエン酸水を吹き付けます。

汚れに密着させるようにたっぷり染み込ませましょう。30分ほど放置してからスポンジでこすります。

キッチンシンクの汚れはクエン酸と塩素系漂白剤で落とす

キッチンシンクは、いつの間にか水垢だらけで、生ごみ臭くなりがちです。

頻繁に自炊をする人であれば、こまめに掃除するのかもしれません。

しかし、一人暮らしであまり自炊をしない人は少量の食器しか使わない為、水をつけて食器をシンクに放置することもあるのではないでしょうか?

食器の放置と共に、汚れも放置してしまい結果、落としにくい汚れになってしまうんですよね。

キッチンシンクの汚れは、水垢と排水溝のヌメリがあります。

水垢の落とし方は、お風呂の掃除と一緒です。ここでは、排水溝のヌメリを取る方法について説明します。

・排水溝のヌメリには塩素系漂白剤がベスト

まずはゴミ受けを取り出し、ゴミをとってから塩素系漂白剤をふりかけます。

既定の時間がメーカーによって違うので、取扱説明書をよく読んでしばらく放置します。

終わった後は、水で洗い流します。

注意点は、必ず換気を行うこと、ゴム手袋をはめることの2点です。

自分の健康と肌荒れを防ぐために、気を付けてくださいね。

私の経験にはなりますが、指に少しかかった状態でしばらく作業をしていると、指のヌルヌルが落ちにくく、指紋が薄くなり携帯の指紋認証が開かなくなったこともあります…。

トイレの黒ずみは重曹とクエン酸で落とす

トイレの黒ずみは、いつの間にかできて、気づいたら丸くドーナツ状にまで成長しているんですよね。

いつも用を足す時には「あ、ちゃんと掃除しなきゃ!」と思うのですが、自分の出したものを流すと「洗剤が流れてもったいないから後でやろう」として後回しにしがちです。

・黒ずみにはクエン酸、頑固なときは重曹がベスト

トイレの黒ずみは、空気中のカビが細菌やホコリと合わさることによって発生します。

そのため、クエン酸だけでなく、重曹を使用しないと落ちないこともあります。

クエン酸の使用方法は、スプレー容器に入れて汚れに吹きかけしばらく放置。

その後にブラシでこすりましょう。

それでも落ちない場合は、重曹を使います。

お風呂の時のようにペーストを便器に塗り付けるのは、ハードルが高いので重曹を粉ごと振りかけることをおすすめします。

寝る前に、重曹200gほどを便器内に入れて放置すれば一晩で綺麗になっています。重曹の方が簡単でやりやすいですね。

まとめ

水回りを綺麗にすると、気分もいいですし、手間のかかる料理に挑戦したくなるのは不思議です。

テスト前に、机の周りを掃除したくなる気持ちと少し似ているような気がします。

水回りの掃除のコツは、汚れの種類に合わせて洗剤を選ぶこと、汚れに洗剤を密着させてしばらく放置することの2つです。

何度掃除してもすぐに汚れてしまう水回りも、適切な洗剤と正しい方法で簡単に掃除ができちゃいます。

水回りを綺麗にしておくことで、気持ちの良い日常生活を送れるはずです。

ぜひ、掃除の方法を参考にして、健康的で清潔な生活を送ってください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました