「部屋干し 生乾き臭のNG行動5選 あなたやってません!?」

ニュース

みなさん、こんにちは!

梅雨のこの時期は、部屋干しに関するニュースがよく流れてきますね。

確かに部屋干しに関する悩み、特に「生乾き臭」に関しては、主婦にとって、頭の痛い悩みではないでしょうか?

私も一応、主婦の端くれ。

洗濯が終わったら、すぐに干す。

室内干し専用の洗剤を使う。

などはやってますが、それでも臭ったりする時があるんですよね・・。

そこで、もう一度ここでおさらい!!

「部屋干しの生乾き臭」を発生させる、ついついやってしまう行動、NG5選について、詳しく調べてみました。

梅雨到来 部屋干しの生乾き臭を増幅させるNG行動5選 

NG行動その1  干す場所の換気が悪い 

洗濯物を家のなかに干すときどこに干していますか? 

ついついカーテンレールにかけたりしていませんか? 

部屋の窓際は雨の日は湿気がたまりやすい場所です。

面倒でも、 洗濯物干しを使用しましょう。

リビングなど、部屋の隅にまとめて干していませんか?

最近の建物は気密性が高く保温性が高い分、風の通りが悪いことがあります。 

洗濯物が早く乾かすには室温よりも風通しが重要です。 

換気扇を回すなど、風が通るように意識して干しましょう。

送風機や除湿器を使用するのもいいですね。

洗濯物が早く乾く干し方は、洗濯物をドーム状に干すことです。

干すときに内側に短いものを干し、外側に長いものを干すことで洗濯物の下に空気の対流がおきます。

こうするといつもよりも早く乾きますよ!


NG行動その2 洗剤の量が多い

洗濯をするときに、洗い残しを気にして洗剤を表示の目安より多く入れていませんか?

洗剤を多く入れても、洗浄力は上がりません。

むしろ、洗剤がすすぎきれず繊維の間に残ってしまうことがあります。

こうすると洗剤残りを餌として、雑菌が繁殖し、生乾き臭の原因になってしまいます。

洗い残しが気になるのであれば、漂白剤を使うなどの工夫をしましょう。 

オススメは酵素系漂白剤です。

消臭力が強いので、臭いが残ってしまった洗濯物を洗うときに使用してみましょう。


NG行動その3 乾きにくい素材の服が多い

デニムなど、乾きにくい素材や、臭いが付きやすい素材の服がおおくありませんか?

速乾性をうたったドライ生地の衣類に使われているポリエステル素材の服は、実は臭いが残りやすいです。

確かにポリエステル素材は吸水性がなく、汗がついてもすぐ乾くことが特徴です。

丈夫でしわになりにくく安価ということもありスポーツ用品によく使用されています。

ですが実は、繊維自体が中空(ストロー状)なため汗の成分が繊維の中に残りやすく、雑菌が残りやすいのです。

すぐに洗えば問題がないのですが、それでも臭いが残ってしまった場合には、先ほどもおすすめした酵素系漂白剤で洗ってみましょう。

NG行動その4 洗濯槽の掃除をしていない。

洗濯機を購入してから、洗濯槽の掃除をしていない場合は要注意です。

洗濯槽の裏にはカビが発生しやすいです。

洗濯をしたときに黒い水垢のようなものが付着していたら、それは洗濯槽の裏のカビです。

カビが発生すると、洗濯物の汚れ落ちも悪くなりますし、臭いが付くこともあります。

洗濯槽のお掃除の頻度は1~2か月に1回程度市販の洗濯槽クリーナーで良いので、お掃除することをお勧めします。

また、洗濯機を使用しないときには、ふたを開けて洗濯槽を乾燥させましょう。

カビの発生を抑制できますよ。


NG行動その5 洗濯後にすぐに干さない。

 洗濯物が臭くなる一番の要因は、この洗濯後すぐに干さないことです。

洗濯物が臭くなる原因は雑菌ですが、雑菌は水気があるところが大好きです。

せっかく洗濯しても、濡れた状態のままで放置すればすぐに雑菌が繁殖し、臭くなります。

特に洗濯機の中に入れっぱなしにすると、通気も悪くすぐに臭くなってしまいます。

すぐに干せない場合でもせめて洗濯機からは出しておきましょう。

「部屋干し 生乾き臭のNG行動5選 あなたやってません!?」~まとめ

ついついやりがちなNG行動が多かったと思います。

NG行動を見直せば、部屋干しても臭くなりません。

日々の行動を見直して、梅雨時でも快適に過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました